不安だったアウトドアがメインの旅・・野生が俺を変えてくれた

とっくにオーストラリアに旅へ行ったときの話です。
職場のスペシャリストが第三国旅が大好きで、そういったスペシャリストからのリードで行ってきました。
スペシャリストは第三国旅に結構慣れていて、飛行機の調整・宿屋の調整・・全てやってくれました。
オーストラリアに関しての把握は(コアラがいる・・)くらいでしたが、初めてのフロアなのでわくわくしていました。
オーストラアリといえば、シドニー・メルボルン・・けれどもスペシャリストから聞かされた居場所はケアンズ・・??ようやく訊くニックネームです。
本当はスペシャリスト、アウトドアが得意でスキューバの資格も持っています。
そのスキューバを楽しみたいのでケアンズを選んだそうですが・・・ボクはやったことないし・・危惧しかないです。
しかも、ケアンズに8日間投宿というから不可思議でした。
スペシャリストの道程は、毎日視線はケアンズ市内の観光・2日光視線はグレートバリアリーフでスキューバ・3日光視線は山野で乗馬・4日光視線は川でラフティング
5日光視線は市内で注文・6日光視線は海でパラセーリング・7日光視線はクルージングで島巡り・8日光視線は帰宅・・ざっとアウトドアという。
ボクはどちらかというとインドア派で海とか山野とか嫌悪でした。
到着する前からメランコリーでしたが、スペシャリストに気づかれないみたいニッコリしていました。

ケアンズにゴール。宿屋に家具を置いてさくっと観光!!街の人達は軒並み時季で声をかけて頂ける。
街本体も一年中で近辺きってしまうくらいで、嬉しい意味でこじんまりとしています。
そうして、2視線日光のグレートバリアリーフへ・・ボクはスキューバの資格がない結果シュノーケルにしました。
船にのりいざグレートバリアリーフへ・・
素晴らしいです!!海が透きとおっていらっしゃる。海をのぞきこむとサンゴや魚が見える。
大自然に囲まれ、青い海に私をまかせ不安だった心中が同時になくなりました。
帰国するまでの7日間、ほんとに素敵なトライができました。
次に出向く機会があれば、了見を詰め込まずのんびりゆったりしてもいいかな?と思います。antichrist.jp/

不安だったアウトドアがメインの旅・・野生が俺を変えてくれた